おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍が苦手な人の理由とは

電子書籍で読書をしてみたいと思っていても、苦手に思う人がいます。

苦手意識を持つ人はどういうところがネックになっているのでしょうか。

今回は電子書籍に苦手意識を持つ人の具体的な理由について詳しく解説していきます。

何よりも見にくいところがあるから

電子書籍を見るに当たり、そのための端末としてスマホやタブレット、パソコンが使われることが多いです。

こういうものはブルーライトが気になりますので、一生懸命に読もうとすると目が疲れることがあります。
実際にずっとこれら端末の液晶を見ていて眼精疲労を感じる人も多いのではないでしょうか。

いろいろ明るさなどを調節することができますが、そういう調整をしたとしても見にくさを感じることは多いです。

ですが最近出てきている専用端末で読む場合はブルーライトをカットした形となるので、意外と読みやすかったりします。
スマホやタブレット、パソコンなどで読むくらいなら、専用端末を購入して読んだほうが目にとってもいいです。

さらに表示する形が紙の書籍と似た形を取っているために、見にくいと感じることは少ないのではないでしょうか。

ただし、専用端末に適した見やすさがありますので、それを守って読むことが求められます。
そうなると見づらさの問題は電子書籍自体によるものではなく、どの端末で見るのかに左右されることになるでしょう。

読むうえで使いにくいところがあるから

現在の出版業界は紙の書籍をメインとして考えているため、電子書籍はあくまでおまけ程度でしか考えていないケースが多いです。

いくら同じ内容であっても紙の書籍をベースにしているところがありますので、電子書籍にする時にレイアウトが崩れて読みづらい部分を見つけると、使いにくいなと感じてしまうかもしれません。

読むうえで使いにくいところがあると、なかなか普及することは難しいです。

やはり電子書籍を読むためには、それに見合った端末を探す必要があります。
端末が扱いやすければ、それを使って読むことはそれほど難しくありませんが、その端末で読んだとしても扱いにくいところがあれば、読みにくいと感じるでしょう。

使いにくい方法でわざわざ読んでみようという気にはなりませんので、自分が読みたい方法できちんと読書ができるのかどうかがポイントです。

まだまだ紙の書籍と同じような操作性で読むことは難しいというのが現状です。

紙の書籍の方がいいから

やはり、電子書籍よりも圧倒的に紙の書籍の方が読みやすいです。

元々紙の書籍のほうが全てを上回っていると思っているからこそ、わざわざ電子書籍にする必要がないという風に考えているわけです。

いくら内容が同じだからといっても、読んだ時の感触などが全然違いますから慣れないと読みづらいと感じるのは当然のことでしょう。

そうなると、紙の書籍のほうがメリットが大きいと思っているわけですから、読みにくいと思っている端末で読むという行動をとらないのは当たり前かもしれません。

文章を楽しんだり、装飾やデザインなどを見たり、本の匂いをかいだり、ページをめくったり、余白にメモなどを記入したりすると、紙の書籍は五感を味わいながら本を楽しむことができるというのがとても大きいです。

こういう思い思いの楽しみ方ができることが紙の書籍の魅力で、一方でこういう楽しみが味わえない電子書籍で本を読んでみたいと思うでしょうか。

まだまだ紙の書籍のほうがはるかに優れていることが多いということです。

 

使っている端末の特性として見にくかったり、読みづらかったりすることからも、電子書籍が苦手だと思っている人はまだまだ多いものと思われます。

そして見づらいとか読みづらいという要因があるから、まだまだ紙の書籍のほうが良いと感じる人もいます。

紙の書籍の方が優れているところは多いですが、将来的な技術開発などで苦手に感じる要素を解消していくとさらに普及する可能性は大いにあるかもしれません。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧