おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

個人出版した本を電子書籍で販売する方法とは?

電子書籍での自費出版はとても人気が高く、多くの人が利用し自ら作品を出版しています。

なぜ、本を作って販売するよりも人気があるのでしょう。その理由はほとんどのサイトでその出版費用が無料ということにあります。

 

作品を自費出版するのは費用の負担が大きい

自分で書いた小説やエッセイなどの作品を自費出版する場合、出版するための費用を自分で支払わなければなりません。

しかもその金額はなかなか大きなもので、おおよそ100万円や200万円とすることもあります。

そのため自費出版できる人は限られてしまうかもしれません。

それだけ大きな金額がかかってしまう理由は、自分で書いた作品を本にしてもらうためには、出版社に依頼しなければならないためです。

1冊だけ作成してもらうことはできず、自費出版するためには最低でも50冊は作らなければ依頼することはできません。

つまりすべてが自己負担となるわけで、出版した本の宣伝も自分で行わなければなりません。

ある程度出版社が協力してくれることもありますが、プロの作家とは違い、自分で取り組まなければならないことは多くあります。

それでも自分で書いた作品は、いろんな人に読んでもらいたいと考える人は多く、大きな金額を負担してでも自費出版しようとする人もたくさん存在しています。

しかし現代ではインターネットが主流となり、本だけでなくタブレット端末やスマートフォンから読むことができる電子書籍も出てくるようになっています。

そしてその電子書籍で自費出版する人も増えています。

 

電子書籍での自費出版が人気の理由

現代では、出版社に依頼して本を作成してもらうよりも、電子書籍で自費出版しようとする人が増えています。

なぜ電子書籍での自費出版が増えているのかといいますと、本を作成するための費用をかけずに無料で出版することができるところがあるからです。

もし有料で出版するとしても、出版社に依頼して本を作成するよりも負担がかかりません。

ほとんどの人が支払うことができるほどの費用となります。

その代わり無料で出版する場合は、売れた時に何割かを出版するサイト側がいただくというシステムになっていることがあります。

無料で出版できるのはオンラインショッピングで買い物ができるサイトであり、プロの作家が出版している書籍と同様に自分で作成した作品も出版することができ、日本に限らず海外でもたくさんの人が自費出版しています。

しかも、どのくらいの価格で自分の作品を出版して販売するか、その金額も自分で決められるようになっています。

文章を作成し、編集や修正も自ら行い、そして費用も自分で決められるということで電子書籍の自費出版はとても人気があります。

そして運営側によっては、文章がおかしいところを指摘してメッセージを送り、修正をアドバイスしてくれる場合もあるため頼りになることもあります。

 

自費出版をするために大事なことは責任をもつこと

そのかわり電子書籍の自費出版は、すべてが自己責任となります。

出版してから文章が間違っていることに気付き、その後に修正することは可能です。

出版してもうそのまま編集することはできないということはなく、編集するというボタンをクリックすることで、いつでも文章を修正させることができます。

しかし、もし文章を間違えたまま誰からその電子書籍を購入してしまえば、もうその電子書籍を修正させることはできません。

間違えた文章のまま販売してしまったことになります。

自己責任だからこそ、しっかりと時間をかけて間違えがないか、またはおかしな文章で書き表していないか何度も読み直して確かめることが重要です。

作品を出版する憧れはあっても、それを誰かがお金を出して購入してくれるものとなるわけですから、購入した人がスムーズに読むことができるように作品を完成させなければなりません。

購入した人は、もし不快な気持ちを感じてしまえば、その作品に対して遠慮なくコメントを載せて他者に伝えようとします。

自費出版で悪評を出してしまうのはかなりの痛手となり、その作品はなかなか売れないものとなる可能性が出てきます。

自費出版するからには、しっかりと責任を持って作品を完成させることが大切です。

 

出版社に依頼して自分で書いた作品を本にするため、自費出版するのは金額が大きな負担となります。

しかしインターネットで読むことができる電子書籍ならば、無料で出版することができるサイトが多くあり人気が高くなっています。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧