おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍の保存方法とは?

多くの電子書籍販売店では、データを端末に保存することで、読書が可能になるシステムを採用しています。

保存と聞くと、機械に弱い方は難しいと感じるかもしれませんが、とても簡単な操作で完了するので安心しましょう。

 

スタンダードな方法は端末に保存すること

好きな電子書籍を選び、購入をすると、スマホやタブレットや専用端末にダウンロードが行えるようになります。

ダウンロードの方法は販売店によって異なるため、サービスガイドなどを読んで購入前にチェックしておきましょう。

ほとんどの場合は、専用のアプリケーションを端末にインストールして、そちらからダウンロードすることになります。

サービスガイドにはアプリのインストール方法も載っているので、自身の所有する端末へ適切な方法で導入しましょう。

ちなみに、専用の端末の場合は、アプリケーションが元々インストールされているため、自身で導入しなくても大丈夫です。

なお、電子書籍をダウンロードした場合の保存場所は、何も設定をしていない限り本体になっていることが多いです。

そのため、ダウンロードすればするほど、端末の容量を消費していくので注意しましょう。

もしも、消費している容量を知りたいのなら、アプリケーションをインストールしている場所を確認してみましょう。

そこにあるファイルを見れば、どのくらい電子書籍が容量を使っているのか分かります。

調べてみて、多すぎると感じたのなら、アプリケーション上から電子書籍を消していきましょう。

端末の容量不足はいろいろな不具合を招く原因となるので、ある程度は空きを作っておくべきです。

 

SDカードに保存する方法もある

電子書籍をたくさん持ち歩きたいと考えても、端末の容量が不足しているのなら行うことはできません。

その場合は、端末を買い換えるのも良いですが、容量の追加が簡単にできるSDカードの購入を考えたほうがよいです。

1000円程度で、10ギガ以上の拡張ができるため、購入をすれば、しばらくの間容量に困ることはなくなります。

ただし、端末によって利用できるSDカードの大きさは異なるので、きちんと調べてから購入しましょう。

ミニやマイクロなどがあり、サイズが間違ったものを購入してしまうと端末に挿入できません。

なお、SDカードに保存するためには、アプリケーションで設定を行う必要があります。

それぞれのアプリケーションで設定方法が異なるため、マニュアルを読んで確認しましょう。

また、販売店によっては、SDカードへの移動をアプリケーションで禁じている場合もあります。

マニュアルに対応状況が記載されていなければ、電子書籍の購入前にサポートに連絡を取って、SDカードに移動できるか聞いてみましょう。

もしも、行えないのなら、ほかの販売店で購入することも考えたほうがよいです。

 

ストリーミング形式なら保存容量が少なくて済む

ダウンロード形式の販売店では、データを端末に保存するためには、それなりの容量が必要になります。

しかし、ストリーミング形式に対応していれば、ダウンロードされるのは一時ファイルのみなので、端末やSDカードの容量の圧迫はありません。

もちろん、一時ファイルなので、自身でデータを消去する必要もないです。

もしも、端末の容量が一杯で保存する方法がないというのなら、ストリーミング形式に対応するところを探して、電子書籍を購入してみましょう。

そうすれば、端末やSDカードのために、新たにお金を使う必要もなくなります。

 

販売店が提供してくれているアプリケーションを活用すれば、電子書籍を端末やSDカードに保存するのはとても簡単です。

無料電子書籍が数多く販売されているので、使い方が不安なら、そちらでアプリケーションを試してみると良いでしょう。

マニュアルもきちんと用意されているので、誰でもすぐに、保存方法や読み方が理解できます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧