おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍の解像度はどれくらい?

昨今は小説や漫画といった本を紙媒体ではなく、電子媒体を使った電子書籍で読む人も増えてきました。

これはどんなに購入しても一つの小さな電子媒体で全てのデータを管理できるので非常に便利です。

また本等の購入もインターネットから簡単に購入することができます。

こうしたことからも今後ますます電子書籍は注目されてくることは間違いありません。

そこで気になるのは電子書籍の性能です。

 

読む際には解像度に注目する必要がある

これだけ便利な電子書籍にもかかわらず、どうして未だに紙媒体の書籍を使う人が多いのでしょうか。

様々な理由が考えられますが、その中でも多くの人が気にしているのが読みやすさです。

紙の媒体なら印刷さえしっかりしていれば非常にはっきりと文字や絵を見ることができます。

昨今の印刷技術は大変にすばらしく、雑誌等ではとても美しい写真をしっかりと印刷して載せることができます。

このため紙の書籍にこだわる人が多いのも納得できる部分があります。

そこで電子書籍の場合はどうなるでしょうか。

電子書籍で注意しなければならないのは解像度です。

解像度が高い場合はしっかりとしたきれいな字や絵を見ることができますが、これが低下してしまうと非常にぼやけてしまいます。

ぼやけた上体で読み続けるのは何となく不快な気分になりますし、目が疲れてしまいます。

なので、解像度が高いものを選んでいく必要があります。

 

画質はモニターのサイズとデータの大きさに依存する

解像度の前に画質とはどのようにして決まるのでしょうか。

主に二つの要因が大切になってきます。

一つ目は電子書籍自体のサイズです。

いくら元のデータがそれなりに美しいものでも、大きな画面で見れば荒さが目立つようになってきます。

そのため、モニターが大きいものを使う際には画質が低下してしまうので、注意をする必要があります。

次にデータ自体の質です。

データがしっかりしたものであれば、先にも書いたように大きなモニターで写しても荒くなりません。

ただし、美しいデータはそれだけ容量が大きくなりますので、メモリーを圧迫します。

また、ダウンロードする時にも多くの通信量がかかるのでダウンロードに時間がかかりますし、通信費を大量に発生します。

そのため、まずは自分がどの端末で写すのか確認しておきましょう。

スマートフォンのような小さなものならば、軽いデータでもきれいに写ります。

ですが、タブレットや場合によってはそれ以上の大画面で写すのならば注意が必要でしょう。

 

具体的にはどのぐらいの解像度が良いのか

解像度の一つの指標になるのがdpiというものです。

これはドットパーインチ(dots per inch)の略です。

名前の通り1インチあたりにドットがどれだけあるかを示しています。

これが大きければ大きいほど画質が高いことを意味します。

大まかな指標としては72dpiですと若干ぼやけて見える可能性があり、150dpiもあればかなりきれいに写ります。

もちろん先にも書いたように、モニターの大きさによって画質は変わってきます。

解像度が低くてもモニターのサイズが小さければ、大丈夫です。

自分にとって最適なものをしっかりと計算して選んでみると良いでしょう。

昨今では多くの電子書籍がサンプルや最初の数話無料等のサービスを行っていますので、実際に無料で使ってみることができます。

また、解像度を調節できるタイプもありますので、選択肢はたくさんあります。

インターネット等で調べてみて自分に合うものを探しましょう。

 

電子書籍は紙の書籍に比べて、様々な点でメリットがあるため、利用者は確実に増えてきています。

そこで、電子書籍を使うに当たってまず確認しておきたいことの一つが画質です。

自分がどのサイズのモニターで使うか、どのぐらいのサイズの画像をダウンロードするかによって見え方が多く異なってきます。

そこで解像度をしっかり確認して、自分の電子機器に合うものを選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧