おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍で参考書を購入できる?

電子書籍は漫画や雑誌などの娯楽のためだけにあるわけではなく、勉強のためにも活用もできます。

学校の試験対策はもちろん、英語やウェブサイト作りなど、さまざまなジャンルの参考書が売られているので、自身に合ったものを選んで活用しましょう。

紙のものよりも安く販売されているケースもあります。

 

電子書籍で参考書を買うのなら中身のチェックを

簡単に購入はできますが、中には紙タイプのほうが優れている場合もあるので、中身を確認してから買いましょう。『流行っているのでとりあえず電子書籍を用意した』としか感じられないような、稚拙なものもあるので中身のチェックは大切です。

中身の一部がサンプルページとして読めるようになっている販売サイトがあるため、そちらで使いやすいかどうか確かめてみましょう。

なお、すでに電子書籍の参考書を買っていて、使いにくいと感じるのなら、紙のものを買い足すことを考えたほうがよいです。とくに入試や国家試験など、一秒も無駄にできない試験ならば、使いにくさで時間を無駄にするのはとてももったいないです。

定番ともいえる参考書は、電子書籍のみが販売されていることはほぼ100%ないため、紙のものを買い足すのは難しくはありません。もちろん、すでに持っているものが、消滅してなくなるわけではないので、そちらもしっかりと活用しましょう。

持ち運びやすいというとても大きなメリットがあるため、家では紙のほうを使って外では電子のほうを使うのもよいです。

 

参考書の付属品を確認してから買おう

現在販売されている参考書の中には、音声や動画で勉強できるものがあります。その場合は、付属品のCDやDVDなどのメディアディスクがついてくるので、専用の機器で再生して勉強をすることになります。

電子書籍の場合は、付属品をつけられないため、メディアディスクの扱いがどうなっているか確認しなければいけません。対策をおこなっている出版社なら、公式サイトでCDやDVDの中身を公開しているので、それならば購入しても大丈夫でしょう。

しかし、救済措置がまったくないのなら、勉強に支障がでる可能性があるため、紙の参考書の購入も考えたほうがよいです。

 

すべての参考書が電子化されているわけではない

参考書を購入する場合は、何でもよいのではなく、評判がよかったり自身に合っていたりするものを選択するはずです。そのため、まずは自分が欲しいと思える参考書を選定することから始めましょう。お目当てのものが見つかったのなら、それが電子書籍化されているか調べてみるとよいです。

逆に、電子書籍になっている参考書の中から、よさそうなものを選ぶこともできます。しかし、こちらの方法では選択肢が限られてしまうため、ベストな選択ができない場合があります。やはり、紙タイプのほうがまだまだ多いので、そちらを基準にして購入したほうが満足できるでしょう。

なお、紙タイプの参考書は、自身でスキャンすれば、電子書籍にすることが可能です。両面スキャナーや編集のためのソフトウェアが必要になりますが、欲しいものが紙タイプしかないときは、やる価値はあります。

『本』『自炊』というキーワードでネット検索すれば、詳しい方法がでてくるのでチャレンジしてみましょう。

 

電子書籍として参考書を購入することは可能ですが、すべてが紙タイプよりも優れているとはいえません。そのため、購入できるかどうかで判断するのではなく、自身に役立つのかどうかで選定することをおすすめします。

うまく役立てれば、紙タイプよりもずっと便利ですし、保管スペースも必要ないので、置き場所に困ることもありません。購入だけではなく、自炊という方法もあるので、自分にピッタリだと思える電子書籍の参考書を入手して勉強に役立てましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧