おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍は読みにくいと感じる人もいるけど、その理由は?

電子書籍を購入できるネットショップが増えてきたため、そろそろ自分も利用してみようと考える方もいるはずです。

しかし、読みにくいという噂を聞いて、手を出すのを躊躇する方もいるでしょう。

確かに、紙の本よりも読みにくいと感じるポイントはいくつかあるので、それを理解した上で利用を始めると後悔しません。

 

電子書籍は紙の本とはまるで違う

電子書籍は紙の本とは全く異なるものです。

もちろん、書籍の内容は同じですが、読んだ感じや手に持った感じが違うので、最初は違和感を覚える方も多いでしょう。

まず、読んだ感じですが、これは利用する端末によって違います。

その読み心地を確かめたいのなら、無料で配布されている作品を試してみましょう。

スマートフォンやタブレット用に配布がされているためで、アプリをインストールすれば、今すぐにでも簡単に読んだ感じを確かめられます。

そして、手に取った感じですが、薄っぺらな電子端末を利用するので、紙の本とは似ても似つきません。

ページ送りも指でのスワイプやボタンを操作するため、紙の本とはまったく違うのが理解できるはずです。

 

電子書籍で読むことに配慮されていない書籍もある

現在ではさまざまな種類の電子書籍が販売されていますが、その中には紙の本で読むことを前提に販売されているものがあります。

特に、ページを画像として取り込んだタイプのものは、レイアウトが固定されてしまうので、とても読みにくいと感じてしまうでしょう。

レイアウト固定されていないものなら、文字の大きさやフォント、そして字間の距離などを自由に設定できます。

したがって、自身の環境によって変更できるので大きな画面でも小さな画面でも見やすいです。

一方のレイアウトが固定されているものは、自身で設定できることは何もなく、ページを画像として表示させるだけです。

大画面ならまだ見られるのですが、スマートフォンなどの小さな画面ではとても見にくいと感じてしまうかもしれません。

ただし、レイアウトが固定されているかどうかは、購入前に確かめられるので買わないようにすることは可能です。

 

読みにくさを解決するための方法

通常の本との読み方の差を埋めるのは難しいですが、液晶画面が読みにくいと感じるのなら、それを解消する方法はあります。

スマートフォンやタブレットなどの液晶で読むのではなく、専門の端末を購入して読むようにしましょう。

電子書籍を読むための専門端末は、e-inkと呼ばれる技術を画面に利用しています。

スマートフォンやタブレットの液晶はカラーが当たり前ですが、e-inkの場合はモノクロで表示することしかできません。

それを聞くと不便なアイテムだと感じてしまう方もいるでしょう。

確かに、インターネットや写真などの観賞には向かないので、そちらを目的として購入すると後悔してしまいます。

しかし、モノクロでの表示は、紙の本に限りなく近い見た目を提供してくれるため、読書をするための端末と考えると最適です。

しかも、操作がしやすいように工夫がされているため、よりストレスなく読書が行えます。

なお、従来のカラー液晶とは全く違った表示方法なので、購入を迷っているのなら、一度本物を見てみるとよいでしょう。

家電量販店はもちろん、大型の本屋でも取り扱っているところがあります。

端末を手にとって操作をしてみて、画面の見やすさをしっかりとチェックしてみましょう。

ちなみに、専用の端末はバッテリーの持ちがよいのも大きなメリットです。

カラー液晶で読書を楽しむと、読んでいる間ずっとバッテリーの電力を消耗し続けます。

しかし、e-inkを使った端末は、一度文字を表示させた後は電力の消費はありません。

そのため、カラー液晶よりもずっと長い時間読めるので、読書が趣味の方にピッタリでしょう。

 

紙の本に長く慣れ親しんできた方は、電子書籍に読みにくさを感じるかもしれません。

しかし、一つの端末に多くの本を収納できるため、読書好きならば電子端末で読むことも考えたほうがよいです。

現在では、専用の端末が安く購入できるので、そちらでデジタルデータの読書を試してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧