おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍における問題点とは?

漫画本や単行本、あらゆる書籍をデータ化することで、電子で本を購入ができる便利な時代ですから、読書をするハードルはさらに低くなりました。

いつでもどこでも気軽に本を読むことのできる反面で、電子だからこそ注意をするべきこともあります。

 

初期費用が必要になったりバッテリーも…

インターネットがとても身近になった現代では、書籍を読むにしても紙面ではなく、スマートフォンなどの電子端末やパソコンなどを利用できるようになりました。

誰もが携帯電話を持っているので通勤通学などの電車やバスの中でも、出先や少し時間があいたときにでも、スマートフォンなどを開けばすぐに本を読むことが出来ます。

紙の書籍ですとページ数が多い本は、重くて荷物になることがありますが、専用の端末やスマートフォンだったらその心配もありません。

良いことばかりの電子書籍ですが問題点として、専用端末・スマートフォンで本を読む場合、電池量が減ってしまうことです。

バッテリー次第で読書が中断されることもあるので、出掛ける前にはしっかりと充電をしておかなくてはなりません。

書籍のサイズですが、電子での購入をした場合、利用端末に合わせたものとなりますにです。

なのでスマートフォン・タブレットなど、どの端末で利用しても最適のサイズで読むことが可能です。

また、専用の電子端末を購入することも出来ますが、その場合、購入のための初期費用が必要です。

 

電子で購入をした書籍は古本屋へ売れない

電子書籍は多数の本に触れて好きな本を好きな時に選ぶことが可能で、端末の中に何冊でもストックできるのがメリットです。

紙の書籍の場合、本を購入しても、保管スペースが確保できなくなり、場合によっては処分をすることも必要になりましたが、電子での購入ではその必要がありません。

削除をするなど手段はありますが、あえて残しておいても室内に保管スペースをとるようなことも無いのです。

しかし逆から考えるとこれまでのように、本が溜まったらリサイクルショップや古本屋には売ることが出来ないので、読み終わったら古本屋で売りお金にしていたという人にはデメリットにもなります。

また、紙の書籍は古本屋へ売ることができますが、電子購入をした書籍は現状では古本扱いにはなりませんので、売ることができませんので注意しましょう。

そして、ネット上で書籍を購入する際に、紙より少しだけ電子の方が安くなっている場合もありますが、中古本ほど安く買うことは出来ません。

 

紙面の本よりも発売日は遅くなることが多い

これまでは、好きな作家の本や月刊誌などが発売をされたら、発売日に本屋へ行って購入をするのが当たり前でした。

電子書籍における問題点のひとつとして、電子データ化してからの販売となるため、すべての本が紙の書籍との同時発売ではありません。

特に漫画やファッション誌などの雑誌などは発売日に手に入れたい人は多いですが、電子での購入はひと月遅れになることは珍しくはありません。

文庫本や漫画本、単行本も同様で、一ヶ月や二ヶ月遅れで電子での発売が開始されることはよくありますし、そもそも電子化されない書籍もあります。

すぐに読みたいから電子で書籍を購入したいと探しても、電子化されていない場合もありますので注意してください。

また、WEB上の本屋の中には電子化のリクエストを受け付けているサイトもありますが、リクエストはできても本当に電子化されるかは未定です。

 

電子書籍ですと発売日が本の書籍より一ヶ月や二ヶ月ほど遅れる場合があります。

また紙の書籍とは違い、購入をすると中古本として古本屋へ売ることは出来ないので先のことも考えて購入をしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧