おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍が読みたい!まずは無料で試し読みをしてみよう

電子書籍には、無料のサービスがあり、その1つは試し読みです。

その書籍を販売しているサイトを見てみますと、たいてい試し読みという箇所があります。

そこをタップすると、書籍の一部分を読む事は可能な上、しかも料金は発生しません。

 

 

興味を持った本の一部分を読んでみたい

電子問わずある書籍に興味を持ちますと、本の内容が気になり、どのような本なのか、立ち読みしたくなることがあります。

実際に書店に足を運んでみれば多くの方々は立ち読みしていますが、「実体を持たない電子書籍の場合となると流石に立ち読みはできないだろう」とい思いきや、電子書籍においても立ち読みは可能です

電子書籍は、たいてい専用サイトで販売されていて、所定のアプリなどをダウンロードし、書籍を読むのが一般的です。

専用サイトでは、様々な書籍検索ができるので、ビジネスや小説など多彩なジャンルの中に自分が読みたい書籍を探す事も可能です。

タイトル名を入力して検索する方法もあれば、ジャンルをタップして探す方法もあり、色々書籍を探してみて、とても良さそうな本を見かけた際にはその本の一部を、書店の紙の書籍同様に試し読みを行えるのです。

試し読みという機能とその利用料金

では、実際に電子書籍での立ち読みはどのように行われるのかというと、電子の書籍を販売しているサイトにある「試し読み」ボタンをタップするだけです。

試し読みのボタンをタップすると、書籍の一部分、例えば自分が興味を持った書籍が全100ページだったとして、その内の10ページ~15ページほど読めます。

試し読みの具体的なページ数は、書籍によって異なり、探せば多く読めるサイトもあるかもしれませんが、「全ページを読める」書籍は、なかなか見かけません。

あくまでも「お試し」なので、ゼロ円販売の書籍でない限りは、一部分に限定されます。

また、試し読みは、利用料金に関するメリットがあります。

上述のように10ページ分だけ読んだからと言って、お金を支払う事はないので、言葉通り書店の立ち読みによく似ているシステムだと言えるでしょう。

書店で本を購入する際にレジでお金を支払うように、電子書籍においても「試し読み」ボタンの近くにはたいてい購入ボタンもあるので、それをタップし購入の手続きを踏まない限りはお金を支払う事はありません

すなわち試し読みは、無料のサービスであると考えて良いことが分かります。

アプリの使い勝手などのメリット

また、試し読みを活用すれば、使い勝手などを見極めることもできます。

電子の書籍を読む為には、たいてい専用アプリのダウンロードも必要で、特にオフラインで読みたい時は、基本的にはダウンロードしておく必要があります。

しかし、使い勝手が良くないアプリだとストレスを感じてしまうことも多いため、アプリをダウンロードするにしても、使い勝手を見極めたくなる事もあります。

ところが試し読みというシステムは利用料金は発生せず、ゼロ円でアプリの使い勝手を試す事もできる上に、電子の書籍のシステムを理解したい時にも便利なのです。

そもそも電子の書籍を読んだ経験がなければ、どのようなシステムなのかも分からないかもしれませんが、何回か試し読みしていますと、自然とシステムも理解できるようになります。

何よりも、料金が発生しないメリットがあります。

アプリやシステムを理解したくても、有料の書籍ですと試しづらいと感じられる事も多いので、その点試し読みというシステムは料金のことは考えなくても良いお試し利用しやすいシステムになっている訳です。

 

電子書籍の利用を検討している時は、まずは試し読みを利用してみるのがおすすめです。

書籍を購入しない限りは特に料金が発生することもなく、書籍の内容を一部分だけ読む事ができるので非常に使い勝手の良いサービスだと言えるでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧