おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍と本一冊の値段の違いとは?

電子書籍を購入しようとしている場合、値段が安いことを期待しているかもしれません。紙で作られている書籍よりも、デジタルデータの書籍のほうが安いと考えるのは当然です。たしかに、安いケースもありますが、ほとんど変わらないケースもあります。

しかし、それでも電子書籍のほうが安く購入できる可能性が高いので、一度値段を調べてみましょう。

 

値段をチェックしてから購入すること

安さを理由に電子書籍を購入したいのなら、必ず紙タイプの本の値段と比べてから買うようにしましょう。

例えば、紙だと1800円で売られている書籍が、デジタルデータだと1400円になっている場合があります。400円も値引かれているのなら、お得になっているといっても過言ではないでしょう。

しかし、中には1800円のものが、5パーセント引きの1710円で販売されているケースもあります。実物の書籍が届くのではなく、送料もかからないのに、たった90円引きではお得ではないと感じてしまうはずです。

このように、お得なケースとそうではないケースがあるので、安いと思い込んで購入しないようにしましょう。出版社によって値引き率が違いますし、書籍のタイプ(新書や漫画など)でも異なります。

いろいろと調べていけば、安く購入できる電子書籍のパターンが分かるので、数多くの販売サイトを見て回ることをおすすめします。

 

安く買いたいならキャンペーンをチェック

紙タイプの書籍を安く購入したいのならば、新品は定価販売となっているため、中古本やバーゲン本を買うしかありません。中古本は使い古しですし、バーゲン本は古い作品が多いので、利用したくない場合もあるでしょう。

しかし、電子書籍ならば、新品がキャンペーンで安くなっている可能性があります。一部の作品がキャンペーンによって、半額で売られているケースもあるので、お目当てのものが対象になっていれば、かなりお得に手に入れられます。

なお、キャンペーン情報を得るためには、定期的に販売サイトを訪れて、チェックしなければいけません。もしも、それが面倒だと感じるのなら、メールマガジンに登録をしておきましょう。

そうすれば、お得なキャンペーン情報をメールボックスに届けてくれるため、お目当ての作品が安くなったタイミングを逃すことがなくなります。出版社だったりジャンルだったりで、キャンペーンが開催されるので自身が望む情報が届くのを待ちましょう。

 

クーポン券の利用でお得に買おう

電子書籍を販売するサイトでは、クーポン券を発行してくれることがあります。クーポン券は決済時に利用をすると、20パーセント引きや30パーセント引きなど(もっと割り引かれる場合も)になるため、かなりお得に書籍を購入できます。

これはまったく値引きをおこなっていない電子書籍にも適応できるので、あらゆる作品を安く買えるので便利です。ただし、販売サイトによっては、利用条件が決まっている場合があるため、クーポン券の説明を読んでから使うようにしましょう。

漫画にしか使えなかったり、購入金額に条件があったりしますので、確認することは大切です。また、クーポン券には購入できる冊数に上限が設けられているケースもあるため、たくさんの電子書籍を購入したいと考えているなら注意しましょう。

 

電子書籍をお得に購入したいと考えるなら、キャンペーンやクーポン券を駆使することを考えましょう。それらを利用すれば、出版社が設定した値段よりもかなり安くなるため満足できるはずです。

ちなみに、電子書籍の購入を考えるなら、値段以外のメリットもしっかりと知るべきです。とくに、購入しにいく手間もかからないことや、通販で届けてもらう時間も必要ないことは大きなメリットといえるでしょう。

読みたいときにすぐに読めるようになるので、書籍を気軽に楽しみたいのなら利用をおすすめします。

 

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧