おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍ストアではどんな種類の本が購入できるの?

年々紙の書籍の売り上げが落ちている一方で、電子書籍は売り上げが伸びています。

特に若い世代は紙よりも電子派という方が少なくはなく、その売り上げに一役買っている世代になるでしょう。

しかし、利用したことがない人はそのシステムも、どんな本が購入できるのかもイマイチ分かりません。

書店ならレジで本を出してお金を払えばいいだけだけど、登録したりアプリをダウンロードしたり、なんだか難しそうと抵抗感を持っている人もいるはずです。

そこで、まずはどんな本が取り扱われているのかチェックしてみましょう。

購入できる本の種類には何がある?

電子書籍ストアは店舗を構える本屋さんと変わりありません。

扱う本の種類にはコミック雑誌写真集小説ラノベ実用書洋書などがあります。コミックは少女漫画少年漫画女性漫画青年漫画TL(ティーンズラブ)漫画BL(ボーイズラブ)漫画などに分類されます。

雑誌もファッション誌音楽誌ビジネス・マネー誌など書店に並ぶ内容と遜色ありませんし、小説や実用書なども同様です。

ホームページのメニューやコンテンツから本を探せるので、目的でない書籍は避けることができますし、効率よく探せるでしょう。

ただ、全てのサイトが全ての種類の本を扱っているわけではありません。

中でもコミック系の扱いが主で、漫画本のみを専門的に販売するサイトが多くなっているため、自分が読みたい本の種類によってどこのサイトを利用するべきかが変わるでしょう。

取扱商品もサイトによって変わりますし、全ての書籍が電子化されているわけではないため、電子化されていないために読めないものもあります。

頻繁に利用する方は複数のサイトを使い分けているので、慣れてきたら色んなサイトをチェックしてみるのもおすすめです。

また、読みたくても読めない本もあるというのはネックですが、逆に、デジタル化されることで廃盤になった本でも読めるようになったのはメリットでしょう。

デジタルなら手軽に読めるのが魅力的

デジタルの魅力は、廃盤になった本でも読めるということの他にも「かさばらない」「人目を気にしないで読める」という点もあります。

紙の書籍はどうしてもかさばるため、収納に困るケースも出てきますが、電子の書籍は全てデータ化されているので物理的なかさばりがありません

外出先でもスマートフォンがあれば読めますし、鞄の中もすっきりするでしょう。

また、多くの方が魅力に感じているのは人目を気にすることがないという点です。

書店では必ずレジで本を出さなくてはいけませんし、手に取る際に他のお客さんの目が気になってしまうこともあるのに比べて、電子化された書籍なら店員さんにも他のお客さんにも見られることなく本が購入できます。

そのためTL漫画、BL漫画、グラビア雑誌、写真集など人によっては購入するのに抵抗がある本でもすんなり買えてしまうのが利点です。

読む際も横や背後に気を付けておけば周りからはどんな本を読んでいるのか知られることはないので、どんな本でも抵抗なく買えて読める、それが売り上げを伸ばしているひとつの要因でもあるでしょう。

低価格とクーポン利用でお得に購入

電子書籍は今や競合商品のため、同じ本でもサイトによって価格が変わることがあります。

一般的に紙の書籍に比べると低価格ですが、昔ほど紙との販売価格に差はなくなってきており、最近ではサイト独自にクーポンポイント還元などで差別化を図っています。

例えば、定期的に開催される期間限定割引を狙えば安く購入できますし、ログインするだけでポイントをもらえるサイトなら貯めたポイントで本を購入することも可能です。

このようにサービスを上手く活用すれば定価の半額以下で購入することもできるのが電子の書籍の良いところです。

もちろん中には割引できない本もありますが、全体的に書店で購入するよりも便利でお得なので多くの方が利用しているのです。

 

基本的には販売されている本の種類に制限はなく、サイトさえ選べばマニアックな作品、アングラな作品、レアな作品も見つけることができるでしょう。

ただ、本格的に利用していこうと考えているのなら作品だけに目を向けるのではなく、サイトのセキュリティやアプリの使いやすさも重要になってきます。

アプリによってはオフラインでは読むことができない、サービスの更新がされない、本棚が使いにくい、保存方法がよく分からないなど使い勝手の良さには差があります。

これは主観による評価になるので、実際に使ってみないことには良いとも悪いとも判断できませんが、本を読むツールとなるアプリの使い良さは重要です。

取りあえず使ってみたいと思うのなら、人気のサイトを選んでお試し利用してみるのもいいでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧