おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍のダウンロードの容量はどれくらい?

スマホで電子書籍を楽しみたいと考えているのなら、ダウンロードの容量が気になっている場合もあるでしょう。

容量は電子書籍によってまったく異なるので、確認してからダウンロードしましょう。

こちらでは、確認方法やお得にダウンロードする方法を説明するため、通信料金が気になるのなら参考にしてください。

 

電子書籍の種類によって容量はさまざま

いろいろなジャンルの電子書籍が販売されていて、それぞれの容量はさまざまです。

例えば、文字がベースの小説や実用書などは、1MB以下で配信されているものがたくさんあります。イラストがベースの漫画ならば、50MBを超えるものも決して珍しくはありません。そして、多くのカラーを使う写真集の場合は、100MBを超える場合もあります。

 

ダウンロードの容量を確認する方法

容量を確かめたいのなら、まずは電子書籍の販売サイトをいくつか見つけることから始めます。

そして、各サイトで気になる本のタイトルを検索して、書籍紹介のページを開いてみましょう。そうすれば、書籍の著者や発売日時と一緒に、ダウンロードした場合の容量が掲載されているのを見つけられるはずです。

ただし、すべての販売サイトが掲載しているわけではないため、最初にいくつかのところを見つけておく必要があるのです。

 

固定回線のWi-Fiを使ってダウンロードしよう

1MB以下のタイトルをダウンロードするのなら、それほど負担にはならないので、スマホなどの通信会社の回線を使っても大丈夫だと考えるはずです。しかし、100MB以上の大容量のタイトルをダウンロードしたい場合は、通信料金(もしくは通信量)が気になってしまい、気軽に利用できるとは思えない場合もあるでしょう。

もしも、自宅に光やケーブルなどの固定回線を引いているのなら、そちらを使って大容量のタイトルをダウンロードしてしまいましょう。固定回線ならば、いくら使っても料金は変わらないので、どのようなタイトルでも安心して端末に保管できます。

ただし、端末にLANケーブルをさせないでしょうから、無線で電波を飛ばせるWi-Fiで接続しましょう。もしも、Wi-Fi用の機器を持っていないのなら、2000円前後で販売されているので、購入をおすすめします。

今後もいろいろなタイトルを購入していきたいのなら、余計な通信料金を支払わないためにも、Wi-Fiでダウンロードできる環境を構築しておきましょう。ちなみに、『固定回線のWi-Fiだと思っていたのに実は通信会社の回線を使っていた』というのは、よくある間違いなので、きちんと確認してから販売サイトにアクセスするのが大切です。

 

ダウンロードの容量が気になるのなら、それぞれの電子書籍でまったく異なるため、各販売サイトで確かめるしかありません。ただし、目安として、テキストベースのタイトルはサイズが小さく、イラストや写真ベースのタイトルはサイズが大きいと考えてよいでしょう。

なお、電子書籍を購入した場合、強制的に端末へのダウンロードが始まるわけではありません。自身の意思でダウンロードすることを選ばない限り、通信がおこなわれることはないです。そのため、知らないうちに大容量のタイトルがダウンロードされて、無駄に通信料を使ってしまう事態は起こらないので安心しましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧