おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

そもそも電子書籍とは?

電子書籍が一般に普及して久しいですが、そもそも書籍の文字・定義でありながら紙を使わないという側面があります。

こうしたそもそも論を考察し、その特徴や性質も深く掘り下げていくことで、より電子書籍への理解が深まるでしょう。

このコラムは定義から始まり、様々な方向からその性質を解き明かしていきたいと思います。

定義と従来の書籍との関連性について

まず電子書籍とは何かを定義すると、「電磁的に記録されたデータを端末等で書籍に似せたフォーマットでられるようにしたもの」と言えます。

なお、書籍の定義を紐解くと、「文字や図画等を紙等の素材に印刷しそれを製本して纏めたもの」となるので、電磁的な記録物はインクを記録に使用しませんから、一見すると定義から外れた別のものに見えてしまいます。

矛盾があるように感じますが、従来の書籍と電子式は必ずしも一方が存在する訳では無く、記録の方式を変換する事によって双方を往来させる事も可能となります。

それは一方の特性がもう一方を代替する事にも繋がるものなので、実は電子式の登場・普及の流れにもこの観点は深く関わっており、従来の書籍を置き換える目的が初期の普及段階では付与されています。

従って電子書籍は書籍の名は冠しており、双方に明らかな関連性がある一方で、其々の定義は単独で存在するものになっているという関係が構築されている訳です。

電子データ故の利点と特徴について

こうした観点から成立した経緯から、従来の書籍では得られない点や弱点を埋め合せる性質を、電子式は持つようになっています。

まず電子データの根本的な性質として、大容量のデータをスペースを占有せずに大量に保管出来るという点があります。

従来の書籍では、ページ数や所有数に比例して物理的な保管場所を確保せねばなりませんが、電子データであれば記憶媒体の領域が許す限りは大量のページ数を一箇所に集約して保管出来るので、省スペースになります。

この性質を利用し、まずは既刊の書籍を集約する目的から発展を遂げたのが電子式です。

そして普及が進んで新刊での使用例が出て来ると、新たなメリットが見い出され、前述の省スペース性は流通面にも好影響があり、ダウンロード式の採用によって出版経費の軽減に繋がっています。

勿論、印刷のコストが掛からない事も利点で、更に電子データ故の管理方法によって、試し読み等のサービスも提供し易くなります。

従来の書籍では一部だけを読めるようにする方策は困難で、極端を言えば立ち読みで全編を読む事も出来てしまいます。

しかし、電子式の場合は冒頭部のみを無料で提供して販促に繋げるといった方策を採る事が、電子データの性質から非常に容易化します。

需要を確実に金銭に替えられるので、販売側にもメリットがあるのです。

課題や難点に繋がる側面も見られる

一方、電子データを使用するが故の懸念や問題点も無い訳ではありません。

まず書籍の場合は印刷の手間が掛かりその後の保管には物理的劣化の問題はあるものの、特に何らかのリソースを継続して使用する必然性は発生しません。

ところが電子式の場合には、データの入手から購読に至るまで、更には保管の段階においても電力の介在が必須になります。

もし何らかの理由で電力の供給が得られない場合には、一時的にせよデータが使えない状態となり、事実上の喪失となってしまいます。

また電力には、当然ながらコストが発生する事になり、加えてデータ自体は劣化せずに保たれ易いという利点があるものの、反面として機器の劣化や陳腐化が起きるという問題があります。

特に陳腐化に関しては電子データのフォーマットが更新される事によって、使用する機器で最新の書籍データが読み込めないといった事態が生じたり、機器の更新で過去のデータが正常に読み込めないといった事態も生じる可能性があります。

そうなると別の記録媒体にデータを写すといった作業が必要になる可能性もあり、従来の書籍には無い管理も問われる事があるという訳です。

 

電子書籍は本来は紙等の印刷物である書籍を、電子データで置き換えて電子端末で読めるようにしたものです。

省スペース化や販売促進で従来とは違う手法を使えるといったメリットがありますが、電気を必要にするが故のランニングコスト発生といった新たな問題も孕んでいます。

書籍とは定義上も異なる面があるので、特徴を捉えた活用をすべきものとなります。




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧