おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍のデータ移行のやり方とは

電子書籍のデータ移行の方法はとても簡単なので、それさえ知っておけば、機種変更したあとでも作品を読み続けることが可能です。

そのやり方を詳しく紹介するので、しっかりとデータ移行をおこなって、これからの読書生活に役立ててください。

 

機種変更する端末のチェックが大切

機種変更を考えているのなら、新しい端末が電子書籍を購入したサイトに対応しているかどうかチェックしましょう。対応していない端末を購入してしまうと、まったく読めないため、データ移行をする意味がなくなってしまいます。

スマートフォンやタブレットの場合は、サイトが提供してくれるアプリケーションをインストールすることになりますが、OSのバージョンが低い場合は動作しないケースがあります。また、アプリケーションのダウンロードサイトにアクセスできない端末もあるので注意しましょう。

そして、専用端末の場合は、決まったサイトの電子書籍しか読めない場合があるので気をつけなければいけません。例えば、A社が販売する専用端末は、A社が販売する電子書籍以外は読み込まないといった具合です。そのため、専用端末を機種変更するというのなら、同じ会社が販売するものにグレードアップするのがよいでしょう。

 

厳密にいうとデータ移行は必要ない

機種変更をしたのなら、さっそくデータ移行をしようと考えるかもしれませんが、実際は必要ありません。なぜならば、電子書籍を購入したサイトから何度でもダウンロードができるからです。紙の書籍の場合は、実際の本を入手するので、燃やしたりシュレッダーにかけたら消えてなくなります。

しかし、デジタルデータの書籍は、消去したとしても元のデータはサイトに保存されているので、改めてダウンロードすることが可能です。つまり、データ移行といった余計な手間はかけずに、新しく購入した端末に、もう一度ダウンロードすれば以前と同じように作品を楽しめるようになります。

ただし、多くのサイトでは、利用できる端末の数が決まっているので気をつけましょう。定められた数を超えてしまうと、ダウンロードできなくなるので、新しく買った端末で楽しめなくなってしまいます。そのときは、サイトから紐付けを解除できるので、実行すれば、新しい端末で問題なく読めるようになります。

 

パスワードやメールアドレスが必要

サイトにログインするためのパスワードやメールアドレスを端末に保存しているのなら、機種変更する前に、外部に保存しておきましょう。それらがないと、サイトから電子書籍をダウンロードできないため、今まで購入した作品が無駄になってしまいます。

ただし、サイトに登録したメールアドレスさえあれば、パスワードのリセットが可能なので、保存する前に機種変更してしまったのなら試してみましょう。もしも、機種変更でメールアドレスが変わるのなら、連絡を取れるメールアドレスを別途用意しておいたほうがよいです。

それをサイトの会員情報に登録しておけば、それからはそのメールアドレスを使ってログインできるようになります。

 

電子書籍の購入は本を買ったと考えるよりも、サイトからダウンロードする権利を得たと考えたほうがよいです。機種変更しようが何十年経とうが、サイトが残っている限り、その権利は消滅することはありません。

データ移行など面倒なことをしなくても、ダウンロードすれば、再び作品が楽しめるようになるので、安心して機種変更するようにしましょう。ただし、ダウンロードするときには通信量を消費するため、気になるのなら、読みたい作品だけ端末に入れることをおすすめします。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧