おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍で絵本を読み聞かせするメリットとデメリット

今や老若男女だれでもスマートフォンやタブレットなどを持つようになり、昨今では紙の媒体よりもスマートフォンなどで読める電子書籍が広く普及するようになりました。

電子書籍は紙の媒体より早く最新作を読むことができたり、無料で読める本もあるため、一般書だけではなく、漫画・絵本・図鑑・雑誌などといったものまで電子書籍で発行されるようになりました。

 

電子書籍で絵本を読むメリットとは

電子書籍で絵本を購入したり読むメリットは、場所を取らないということです。

どうしても、子供の頃はおもちゃを購入したり洋服が増えたりと場所を取ってしまうので、本の分だけでもスペースが空くのは喜ばしいですね。

また、汚れたり破けたりしないため、ずっと綺麗なまま本を読むことができます。

子供が小さい時はどうしても本を破いてしまったり、汚れてしまったりするものですのでそういった心配がないため安心して子供に絵本を与えることができるでしょう。

電子書籍の絵本の中には、音楽が付いていたり絵が動いたりするものもあります。

紙の媒体では実現できないような最先端の仕様で本を楽しむことができるのも電子書籍ならではの楽しみ方の一つと言えるでしょう。

 

電子書籍で絵本を読むデメリットとは

電子媒体を使用するデメリットとしては、電子媒体に依存してしまうことで1人遊びばかりをさせてしまうことです。

電子媒体は1人で静かに遊ぶのに適しているのですが、あまり1人遊びばかりさせてしまうと子供のコミュニケーション能力が育まれず大人になって苦労してしまいます。

また、紙の匂いや手触り、インクの匂いなどを感じることができないということもデメリットの一つです。

子供に様々なものを触らせることは脳の成長にも繋がっていくため、大切なことなのです。

そのため、電子媒体ばかり与えているのでは脳の発達に影響を与える可能性が高いと言えます。

 

電子媒体と紙をうまく使うことが大切

今の世の中、電子媒体を使用せずに生きていくことは不可能です。

そのため、子供にも電子媒体での絵本を与えることは悪いことではありません。

しかし、電子媒体にだけ頼ることは辞め、紙の絵本と電子書籍での絵本をうまく組み合わせて使用することが大切です。

また、子供が世の中で生きていく力を育むためにも親が読み聞かせを行う方が良いといえます。

電子媒体の中には、自動音声で読み聞かせを行ってくれるものもありますが、小さい子供は特に、人の生の声で感情の表現を学んだり、感情を読み取ることを学びます。

少なくとも0〜3歳の間は親が自分で読み聞かせを行わないと脳の発達や感情表現に良くないと言われています。

そのほかにも、電子媒体の絵本にはおもちゃのように、ものが飛び出したり触ると消えたりする機能を備えているものが多いです。

しかし、これも小さいうちから与えすぎると脳の発達に良くありません。

こういった機能はゲームと同じですので、少なくとも時間を決めて渡すようにしましょう。

 

今では生まれたばかりの子供も電子媒体に触れる機会がとても多くなりました。

しかし、子供が生きていく上で大切なコミュニケーション能力や感情表現などを学ぶのは生の人間とのふれあいによるものです。

そして、それらを教えられるのは親や周りの大人達なのです。

自分が楽だから、子供が喜ぶからと安易に電子書籍にばかり頼るのは子供の発育によくありません。

親が子供とコミュニケーションを取る一環として電子媒体による絵本を使用するように親が気をつけていくことがとても大切です。

電子書籍は、紙の媒体では表現できないようなものを安易に表現してくれるようになりました。

沢山のものに子供が触れることは良いことですので、親がしっかりと舵取りをして子供の発育に役立つように絵本を使用できると良いでしょう。

親が周りに流されない眼を持つことがとても大切なのです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
まんが王国の画像
記事一覧