おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍はネット環境が無いと読めないの?

電子書籍は、原則としてネットに接続した状態で読む事になります。

しかし、書籍によってはオフライン状態で読む事も可能です。

すぐに読める訳ではありませんが、スマホやタブレットにダウンロードすれば、オフラインでも読書可能な状態になります。

 

WEBに接続しなくても保存データの閲覧は可能

電子の書籍を読む方法は、主に2つあります。クラウドもしくはダウンロードです。

前者のクラウドは、必ずWebに接続する必要があります。

そもそもホームページを閲覧する為には、WEB回線に接続しなければなりません。

電子の書籍をクラウドで読みたい時も、回線には接続する必要があります。

ホームページを読み込むのと、ほぼ同じ原理だからです。

しかし後者のダウンロードの場合は、必ずしもWEBに接続する必要はありません

既に保存された状態になるからです。

イメージとしては、画像保存に似ています。

WEBで様々なサイトを見ていると、美麗な画像を見かける事もあります。

人によっては、その画像をパソコンなどに保存している訳です。

文書などの保存済みデータも同様です。

電子書籍によっては、内容をスマホ内にデータとして保存できるので、WEBに接続しなくても読むことができます。

 

ダウンロードは若干時間がかかる事も

ネット環境が無くても、電子の書籍を読む事はできますが、事前にダウンロードは必要です。

そして電子の書籍をダウンロードする時は、少々時間を要する場合があります。

パソコンなどで画像を保存する時も、少々時間がかかる場合があるのですが、その理由はデータ量が大きいからです。

そして電子書籍も同様で、ページ数が多い書籍の場合、完了するのに時間がかかることがあります。

あまり高速でないネット回線ですと、更に時間がかかるでしょう。

ですがダウンロードが完了すれば、ネット接続していなくても読めるようになります。

 

Wi-Fiに接続してデータ保存する

また電子書籍をオンラインで読みたい場合、データ通信の量も要注意です。

基本的にはWi-Fi接続などが推奨されます。

電子書籍の場合は、基本的にはスマホやタブレットに保存する訳ですが、スマホで利用可能なデータ量には、制限があります。

スマホの料金プランも色々あり、3GBや5GBなど多彩です。

そのGBの分だけ、WEB接続できる訳です。

万が一そのGBの分を超過してしまいますと、速度制限がかかってしまいます。

電子書籍によっては、データ量が少々大きい事もあります。

ですから書籍のデータを読み込みますと、利用可能なデータ通信の量が少なくなってしまう事があります。

しかしWi-Fi接続は、その限りではありません。

Wi-Fiとスマホの接続容量は、別々になるからです。

なので、速度制限がかからないようにする為には、なるべくWiFiに接続してデータを保存するのがいいでしょう。

 

以上を踏まえますと、電子書籍はオフライン状態で読む事も可能です。

それは、画像保存の様に書籍をダウンロードすることにより端末内に保存しておくことができるからです。

しかし注意点もあり、書籍によってはダウンロードに時間がかかる為、基本的にはWi-Fiに接続して保存するのが無難です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
電子書籍ストアランキング!
第3位 まんが王国
記事一覧