おすすめの電子書籍(電子コミック)ストアをランキング形式でご紹介!口コミ等の人気や評判も徹底比較!

電子書籍ストアランキング!

話題の電子書籍ストアをランキング形式で一挙紹介!

電子書籍は元々業務用、あるいは一部の専門家によって用いられるのが主でしたが、90年代半ば頃から一般向けのサービスが開始されるようになり、2010年頃を境に多くの人々が日常的に利用するようになるまでに普及しました。

現在でもそのサービスは拡大の一途を辿っており、サービスの質はもちろんのこと、サービスを提供する会社の数も非常に多くなっています。特にマンガに関しては、最早紙よりも電子書籍で読むことがメジャーになりつつある昨今ではありますが、その一方で、初めてサイトに登録をしたいという方の中には、どのサイトを選べばよいのか分からないといった声も少なからず聞かれます。

そこでこのページではさまざまな電子書籍サイトのうち、試し読みの豊富さやポイントやクーポンのお得さ、そしてアプリケーションの使いやすさなどの観点から、優良と思われるサイトを5つ厳選し、ランキング形式で紹介をしていきたいと思います。それでは、どのようなサイトがあるのか早速見ていきましょう。

電子書籍ランキング一覧!

アプリがとにかく使いやすい電子書籍サービス!

電子書籍サイトランキング、第1位となったのがBookLive!(ブックライブ)です。BookLive!は凸版印刷グループによって運営されている電子書籍サービスであり、その出資先にはTSUTAYA、東芝、三井物産、日本電気などが含まれており、日本最大級の電子書籍サービスとしても知られています。

BookLive!の最大の特徴として挙げられるのはアプリによる配信サービスの利便性の高さでしょう。最近では多くの電子書籍サイトがさまざまな独自のアプリによるサービスを開始していますが、その利便性の高さという点では現在BookLive!は群を抜いています。BookLive!のアプリはなんといっても動作が軽く、サクサク動かせます。電子書籍を読んでいる際、途中でアプリの動作が遅くなることは非常に大きなストレスとなりますが、BookLive!アプリではそういった心配があまりありません。

また、今現在保有している書籍の整理・管理、さらには個々のユーザーにおすすめの新刊情報の紹介などもアプリを通じて行うことができるため非常に便利です。また、BookLive!ではアプリの他にもパソコン用のブラウザでの閲覧も可能となっており、ブラウザとアプリの情報が自動的に共有されるため、いつでもどこでも本を読み進めることができるようになっています。

もちろんコミックをはじめとする書籍のラインナップやクーポンなどのサービスも充実しているため、そういった意味でも非常におすすめです。

豊富なラインナップと信頼感のあるサービス!

ランキング第2位となるコミックシーモアは、NTT系列が運営している電子書籍サイトです。NTT系列であるということもあり、そのサービスは多くの人々から信頼されており、日本でも有数の電子書籍サイトです。

コミックシーモアの最大の特徴は、なんといっても配信されている作品のラインナップの豊富さです。例えば成人コミックやボーイズラブ、ティーンズラブなどの作品に関してもシチュエーションなどによって細かく分類がなされており、自分がほしい内容の作品をスムーズに見つけることが可能となっております。また配信作品の中には他の電子コミックサイトではなかなか見ることのできないアングラ作品やレアな作品もあり、マンガ好きのユーザーにとってはぜひとも抑えておきたいサイトです。また各作品のレビュー欄もかなり充実しており、レビューを参考にしながら探したいという方にもおすすめできます。

コミックシーモアではアプリでのサービスも行っており、アプリの本棚機能はとても便利であるという評価が多い一方、初心者にはサービスがやや使いづらい、また長時間使用をしているとスクロールなどの反応が遅くなるといったような声も中にはあります。

第3位 まんが王国
日本最大手の電子コミックサイト!

第3位にランクインしたまんが王国は、日本最大手となる電子コミックサイトとして非常に高い知名度を誇っています。配信されている作品タイトル数が多いことはもちろん、そのジャンルも非常に幅広く、老若男女問わず非常に多くのユーザーによって愛用されているサービスでもあります。

また、まんが王国の大きな特徴としては、クーポンサービスが非常に便利であるということも重要なポイントとして挙げられます。まんが王国で提供されているクーポンにはさまざまなものがありますが、なかでも「来店ポイント」は毎日サイトにアクセスするだけでもポイントが貯まるというもので、コツコツと継続すれば非常にお得に書籍を購入することができるようになります。特に日数に「5」のつく日は来店ポイントが5倍となっておりますので、ぜひ利用したいサービスです。

まんが王国ではアプリも提供をしているのですが、このアプリに関しては本棚機能などが非常に便利であり、またオフライン状態でも購入済みの漫画を読むことができるというメリットが挙げられる反面、「保存方法がわかりにくい」「サービスの更新が放置されている」といったように、あまり芳しくない評価も少なくないのは事実であるようです。

マニアックな作品が読みたいという人におすすめ!

電子書籍ランキング、第4位となるめちゃコミックは、近年の電子書籍サービスにしてはややめずらしく、アプリでのサービスに対応していないという特徴があります。そのため閲覧をする場合にはブラウザ上のみということになるのですが、そういったこともありオフライン時には読むことができず、またデータの通信容量が気になってしまうなどのデメリットはあります。こうしたことからWi-Fiのある環境での閲覧がおすすめされるサービスです。

めちゃコミックでは多くの作品が配信されておりますが、その中でも特に成人コミックやボーイズラブ、ティーンズラブといった比較的マニアックなジャンルの作品に強いという傾向があります。こういったジャンルの作品はどうしても店頭などで購入するのが恥ずかしかったりするものですが、電子書籍という形であれば人目を気にすること無く楽しむことができます。そのためめちゃコミックは、そういった作品を読みたいという方に特におすすめできるサービスであると言えるかもしれません。

また、めちゃコミックはさまざまな電子書籍サービスの中でも特に個人情報などの取り扱いが厳重であり、そうしたこともマニアックなジャンルの作品を好まれる方にとっては安心できるポイントであるということがいえるでしょう。またクーポンやポイントのサービスも充実しており、コツコツポイントを貯めることでお得に購入をすることが可能となります。

マンガ、特に女性向け作品に強い電子書籍サイト!

第5位にランクインしたRenta!(レンタ)は株式会社パピレスによって運営されている電子書籍サイトです。株式会社パピレスは1995年に創業したいわば電子書籍サイトのパイオニアというべき企業として知られており、2010年に東証ジャスダックに上場しているということもあり、そのサービスの信頼性は十分と言えるでしょう。

Renta!は、「快適な部屋で、好きな時に好きな作品をストレスフリーに楽しめるサイト」をモットーに掲げているということもあり、近年ではスマートフォンやタブレットでのユーザビリティ向上に力を入れています。

その一環として、「タテコミ」という従来のマンガとは違い、画面を縦にスクロールしながら読んでいく新しいタイプのサービスを提供しており、こちらはデジタルネイティブ世代を中心に支持を集めています。

もちろんこの「タテコミ」以外にも、マンガを中心に非常に豊富なラインナップが取り揃えられています。特にボーイズラブやティーンズラブなどの女性向けジャンルの取り扱いに関しては随一の豊富さと言われています。

また料金メニューや支払い方法も非常に豊富であり、学生などが月々のお小遣いからでも利用しやすいよう、工夫がなされているようです。ただしアプリケーションに関してはとても使いやすいという意見がある一方で、やや使いづらいという意見もあり賛否が大きく分かれています。

私がこのサイトを作ったわけ

ここまでおすすめの電子書籍サイトを5つ、ランキング形式で紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか。このサイトで紹介した内容が、少しでも皆さんの電子書籍サイト選びの参考になれば幸いです。

ここからは、このサイトの管理人でもある筆者のプロフィールなどについて簡単に紹介させていただこうと思います。私(筆者)は現在アラサーのOLです。私は子供のころより本やマンガを読むことがとても好きで、就職をしてからも通勤電車の中で毎日のように読書をしていました。しかし紙の本の場合、時には荷物としてかさばってしまうということもあり、スマートフォンやタブレット上などで読むことができる電子書籍を利用したいと思うようになりました。

しかしいざそういったサイトに会員登録をしようとしたところ、思った以上に多くのサイトがあることに気付き、どこを選べばよいのか困ってしまった経験があります。このサイトはその当時、筆者自身がさまざまなサイトに登録をしてサービスを利用した経験を中心に、さらにネットでの口コミなどを参考に作り上げました。当サイトで取り上げたところはどこも比較的優良なサービスを提供しており、おすすめできますので、ぜひ参考にしてみてください。

電子書籍、電子出版とはなにか?

現在、広く一般的に利用されている電子書籍ですが、実はその起源についてははっきりとしていません。元々コンピュータが実用化されるようになったのは第二次世界大戦の頃だとされていますが、その後1960年代には紙などに記述されたデータをデジタル化し、コンピュータ上で保存しようという考え方は既に提唱されていました。

しかし具体的にそういったアイデアを思いつき、それを初めて提唱したのが誰なのかといったことはよく分かっていないようです。日本でも1960年代には当時日本経済新聞社の専務であった圓城寺次郎によって、紙データのデジタルデータへの移行が提唱されていますが、これが世界初の電子書籍の発明というわけではなく、同時期には世界各地で同じようなアイデアが提唱されているようです。

1960年代には既にインターネットという技術そのものは存在していましたが、それを利用していたのはアメリカなどのごく一部の軍事、学術機関に限られており、世界的、あるいは一般的には全く普及をしておらず、その存在すら知らないという人がほとんどでした。このような背景もあり、当初電子書籍はさまざまな観測データや学術論文などに用いられることが想定されていました。

もちろんこうしたデータにアクセスできるのはごく限られた人々のみであり、これらの取り組みは一般市民にはほとんど縁のないものでした。また、当時は紙媒体による出版も全盛期であり、電子書籍の必要性を感じる一般市民もほとんどいませんでした。

こうした状況が徐々に変わるようになったのは1980年代に入ってからだと言われています。この時期になると出版業界の中で「辞書」を電子化しようという動きが始まるようになります。なぜ辞書なのかといえば、それはやはり物としてかさばりやすく、置くスペースなどが制約されるという問題があったからです。一般向けの電子書籍として最初に刊行されたのは諸説あるものの、日本においては1985年、三修社から出版された『最新科学技術用語辞典』であったとされています。もちろんこの時点ではまだオンライン環境での使用は想定されておらず、主にCDやフロッピーディスクによって情報を配布するようになっていました。

こうした状況の中、1990年にはソニーが「Data Discman」という商品を発表します。これは電子書籍のデータの入ったCDを読み取るための装置であり、世界初となる電子書籍リーダーでもありました。この後ソニーに続こうと世界中のさまざまなメーカーが同じような電子書籍リーダーを発表しましたが、どの製品もヒットをしたとは言いがたく、ソニーを含めて多くのメーカーがこの市場から撤退をしていきます。これにより電子書籍が一般に普及するまでにはもう少し時間がかかることとなります。

電子書籍が一般に普及するようになるのは、インターネットが一般的に普及をするようになった90年代後半以降です。この時期になるとオンライン上での電子書籍の販売なども行われるようになり、1996年には日本で初となる電子書籍サイト「パピレス」がオープンしました。さらに、それに競合するサービスも登場し、ユーザーも少しずつではありますが増加していきました。

2000年代には携帯電話における高速通信やパケット定額制などが一般化するに従って、パソコンだけではなく携帯電話の小さな画面でも電子書籍が読まれるようになっていきます。日本では元々「ガラパゴス」と呼ばれるように携帯電話が独自の市場を形成し、「ケータイ小説」と呼ばれるような大衆文化も根付いていたこともあってか、電子書籍は携帯電話での使用をメインに普及をしていきました。

そんな中アメリカでは2007年、Amazonによって発売された「Kindle」が爆発的なヒットを飛ばします。Amazonは元々オンラインで、書籍をはじめさまざまなサービスを提供してきたこともあり、そういったノウハウを存分に活かし作られた「Kindle」は、アメリカのみならず、世界中で大ヒットしていくこととなります。これにより日本においても従来の携帯電話のみならず、より広く電子書籍が受容されていくこととなります。

そして2010年には「Kindle」に対抗するかのように、Appleが「iPad」を発売します。この「iPad」は「Kindle」をも凌ぐ世界的な大ヒット商品となりました。日本企業はこういったハード面においてはアメリカ企業に大きく先を越されることとなりましたが、一方でソフト面においてはマンガから専門書に至るまで、電子書籍が広く読まれるようになります。このことから日本においては2010年を「電子書籍元年」と呼称する場合もあります。

そして現在では電子書籍は非常に一般的に普及をしてきており、紙媒体の出版が弱体化するのと相まってこの流れはこれからも続いていくと見られています。現に2017年はさまざまなマンガ雑誌が休刊、廃刊をする一方、電子コミックスの売り上げは紙媒体のコミックの売り上げを初めて上回り、電子化という潮流をより一層強く印象づけることとなりました。

失敗しない電子書籍ストアの選び方

電子書籍を利用する上で非常に重要となるのが電子書籍サイトの選択です。ここからは電子書籍サイトを選ぶ際のポイントについて、基本的な事柄を紹介していきたいと思います。電子書籍サイトを選ぶ際のポイントは、大きく分けて「ブラウザやアプリ上での読みやすさ」「作品数、冊数などの品揃え」「サイト自体の信頼性」「料金システムやクーポン、キャンペーンの内容」などが挙げられます。

また、その他のポイントとしては会員登録をする際に有料となるサイトか、あるいは無料登録が可能なサイトかという違いもあります。この場合無料での会員登録が可能である場合には、まず登録だけしてみて、その上で自分自身の目でサービスについて比較をしてみるということも重要です。

これらのポイントのうちでも、意外にも重要となるのが「サイト自体の信頼性」です。例えば運営主体が怪しいサイトである場合には個人情報などが流出しやすいのではないかということが考えられますし、また、経営状況が芳しくないサイトの場合、倒産したり閉業をしたりすることでこれまで購入してきたデータやポイントなどが無に帰するといったことも考えられます。

また、特にこういったサイトでマンガを購入する場合には、「料金システムや支払い方法、クーポンやキャンペーンの内容」も非常に重要となります。なぜならばマンガの場合、複数の巻を購入することがあったり、一度にまとめて一気読みをしたりするといったことも考えられるからです。こういった場合、少しでもお得な利用方法を知ることで必要なコストを大きく節約することができることもあるでしょう。

それぞれサイトごとに強みとしている部分もあるので、利用をすることのメリットは何かを比較してみることです。

■会員登録だけではなく月額費もかからないかチェック

失敗しないサイトの選び方の一つは、無駄な出費が控えられるサイトです。基本的に会員登録自体はほとんどのサイトで無料ですが、そこから先はサイトごとに方針が違います。できるだけコストを抑えてお得に気楽に書籍を購入するのであれば、会員登録はもちろん無料であり、尚且つ月額使用料金など会員費もかからないサイトを選ぶことです。

電子書籍を購入した時には購入代金の支払いをしますが、それ以外の月額費や登録費などは無料であるかを確認します。もしも月額費が発生するようなことがあれば、しばらくサイトを訪れなかったり、書籍購入をしなくても、月額費を支払わないといけません。

でも完全無料で書籍購入時だけの費用発生であれば、実店舗を持つ一般的な本屋での本の購入と支払いは変わりません。お得な特典があるかどうかもチェックポイントであり、書籍をまとめて購入すると割引になったり、用意をしているサービスはサイトごとに違います。

こうした特典が全くないケースもあるので、少しでもお得感を持って利用をしたいと考えるなら、サイト選びでは会員登録をして書籍購入をする特典があるかどうかを、会員登録をする前にチェックです。

■様々な決済方法がある方が支払いも便利

実店舗の本屋であれば書籍購入時に現金でレジを通ることが多いですが、クレジットカードでの支払いなどもできます。失敗しないサイトの選び方として、支払い方法がいくつもあるかをチェックするのも大切です。

現代を生きる成人済みの人であればだれもが1枚は所有するクレジットカードですが、全員が所持しているとは限りません。借金に抵抗があるためクレジットカードを持たない人もいますし、あらゆる事情でクレジットカードを使えないこともあります。

決済方法がクレジットカードだけだと、少し不便に感じることもあるかもしれません。書籍購入時に実店舗のように現金を出してレジを通ることが出来ませんが、現金払いでの決済方法はあります

宅配の人が自宅まで本を届けてくれる際に、代引きで支払いをすることもできますし、銀行振り込みに対応をしていることもあるので、現金払い対応かもチェックです。クレジットカードでの支払い以外にも、デビットカードや代引き、銀行振り込みなど、あらゆる決済方法があった方が、支払い方法を選べるので便利に利用ができます。

■取扱書籍の幅や数が多いかどうかもチェック

失敗しない電子書籍のサイトの選び方として、書籍の取扱数が多いサイトを選ぶようにします。どこのサイトでも同じだけの商品を取扱しているわけではないため、欲しい商品がそのサイトに必ずあるとは限りません。

電子化されたデータの電子書籍の取扱は、サイトごとに量も異なりますので、できるだけ多くの書籍に触れたいと考えるなら取扱書籍数を確認することです。さらに取り扱う分野が幅広いかもチェックポイントであり、何かに偏った書籍だけではなく、漫画本や写真集、文庫本、雑誌に単行本など幅広く扱っている方が欲しい本に巡り合えるチャンスも増えます

会員登録をして利用をするメリットが多いかどうかも見ておきましょう。安く本を購入できるクーポンの配布があったり、ポイントが貯まるかも確認したい点です。定期的にキャンペーンが開催されたり、半額セールがあるなど、利用者を楽しませてくれるサイトもあります。

 

いくつものサイトがあるので利用する前には迷いますが、多数の本に出会いたいなら取扱書籍が多いかも確認をすることです。利用をすることでポイントが貯まったり、時々クーポンを手に入れたりセールなどがあるなど、楽しく利用できるサイトはたくさんあります。

電子書籍を読むのにおすすめな端末は?

電子書籍で特にマンガを読む場合、スマートフォンなど小さな画面の端末ではやや不便に感じられることがあるかもしれません。もし、より快適に漫画を読みたいという場合には、画面サイズが8インチ以上のタブレットなどを用意するのがおすすめです。ただし、あまり大きすぎる端末は荷物としてかさばってしまうこともありますので、購入時にはよく検討をしてみる必要があります。

 

記事一覧

本といえば、昔は紙のものを指しましたが、現在ではデジタルデータとして提供される電子版も販売されています。 紙版 ・・・[続きを読む]
漫画本や単行本、あらゆる書籍をデータ化することで、電子で本を購入ができる便利な時代ですから、読書をするハードル ・・・[続きを読む]
電子書籍は仕組みを知ると場所を選ばずに読みたい本を見ることが可能で、時間を有効活用できるため役に立ちます。 料 ・・・[続きを読む]
いつでも好きな時に、本が読めるならば、こうした声に応えるのが電子版の書籍サイトです。 謳い文句には、安さが掲げ ・・・[続きを読む]
本を読むことが好きだけど、紙の本では家の中にたくさん溜まってしまうので電子書籍にしたいけれど、専用端末がないと ・・・[続きを読む]
今お手軽に利用できるように電子書籍ですが、初めての方も多いのではないでしょうか。 インターネット上には様々な電 ・・・[続きを読む]
時代とともに読書のスタイルも変化しています。 紙の書籍は今でも人気がありますが、最近ではパソコンやスマートフォ ・・・[続きを読む]
電子書籍に関しては、もはやメジャーな書籍として知られています。 インターネット環境が整っていれば、誰もが簡単に ・・・[続きを読む]
最近は多くの人が利用している電子書籍ですが、どのような特徴があるのでしょうか。 紙の本とは一体何が違うのでしょ ・・・[続きを読む]
電子書籍は紙の本という実物を伴わないので、安く購入できるはずだと考える方もいるはずです。 確かに、間違いではあ ・・・[続きを読む]
年々紙の書籍の売り上げが落ちている一方で、電子書籍は売り上げが伸びています。 特に若い世代は紙よりも電子派とい ・・・[続きを読む]
以前は紙ベースの書籍が当たり前でしたが、最近はそんな常識を覆すアイテムが登場しています。 それが電子の書籍であ ・・・[続きを読む]
電子書籍はインターネットサイトからダウンロードして、スマートフォンやタブレットで読むことができます。 専用の端 ・・・[続きを読む]
電子書籍には、無料のサービスがあり、その1つは試し読みです。 その書籍を販売しているサイトを見てみますと、たい ・・・[続きを読む]
漫画をインターネットやアプリなどで読む方法は電子書籍を使うとでき、会員登録をすると好みに合わせて購入できます。 ・・・[続きを読む]
本を一冊ずつ購入する以外にも、月額料金を支払い、いろんな作品がお得に楽しめるオンラインサービスもあります。 一 ・・・[続きを読む]
電子書籍が一般に普及して久しいですが、そもそも書籍の文字・定義でありながら紙を使わないという側面があります。 ・・・[続きを読む]